海外送金徹底比較!8サービスの手数料・レート頂上決戦!都市銀行・セブン銀行・ゆうちょ・PayPal・Transfer Wise・WESTERN UNION

海外送金比較

海外送金(国際送金)する際に気になるのが、べらぼうに高い送金手数料(振込手数料)。
そこで、今回は、大手都市銀行やゆうちょ銀行や外国送金サービスの送金手数料に加えて、適用となる為替レートを徹底比較しました!

【海外送金】送金手数料比較(大手5銀行+3サービス)

大手都市銀行3行・ゆうちょ銀行に加え、人気の送金サービス4つの「送金手数料」・「適用レート」の比較をしてみました。

10万円送金時の手数料を比較しています。

10万円送金時 海外送金
手数料
手数料
算出式
三菱東京UFJ銀行 5,500円 定額
三井住友銀行 4,000円 定額
みずほ銀行 5,500円 定額
ゆうちょダイレクト 2,000円 定額
docomo海外送金
キャンペーンコード:
10857713
1,000円 定額
セブン銀行海外送金
(Western Union)
2,000円 送金額
で変動
PayPal
(レートは参考値)
3,940円 3.9%+
40円
受取側負担
Transfer Wise 650円 0.55%+
100円

送金手数料は、「Transfer Wise」と「docomo海外送金」が安いですね。
しかし!送金手数料の比較だけで、判断するのは危険です。

手数料だけで判断すると大損します。

「海外送金」「外国送金」のサービスで気をつけなければならないのが、送金手数料だけで比較すると、損するケースが多々あるという点です。

今回、人気の大手8サービスで比較していますが、国際送金時に適用となる為替レートには驚くほど開きがあります。

各銀行・各サービスで、円貨から現地通貨への両替に際して適用する為替レートが異なる為で、手数料が安い場合、両替手数料が上乗せされた為替レートであることが多いです。

そこで、今回は、日本円で10万円送金した際に、現地通貨で受け取れる金額を比較しながら、銀行振込が良いのか、ゆうちょ銀行・セブン銀行からの振込が良いのか、その他、海外送金サービスが良いのか比較していきましょう!

【海外送金】為替レート比較(大手5銀行+3サービス)

続きまして、記事執筆日時点での適用レートを表にまとめてみました。
代表的な通貨である「ユーロ(EUR)」と「USドル(USD)」をまとめています。

今後、需要があれば、「人民元(CNY)」や「オーストラリアドル(AUD)」「タイバーツ(THB)」「カナダドル(CAD)」「ポンド(GBP)」なども追加予定!

サービス 執筆日時点の
適用為替レート
EUR USD
三菱東京UFJ銀行 128.25 113.63
三井住友銀行 128.64 113.86
みずほ銀行 130.09 114.67
ゆうちょダイレクト 132.61 116.60
docomo海外送金
キャンペーンコード:
10857713
142.86 114.94
セブン銀行海外送金
(Western Union)
135.21 117.69
PayPal
(レートは参考値)
133.42 117.41
Transfer Wise 128.37 113.12

docomo海外送金でEUR圏での送金可能国がスペインだけなのですが、EURレートが驚くほど悪いですね。

レート的には、意外と「三菱東京UFJ銀行」が安いですが、手数料まで加味すると、そうでもありません。
次の項目では、10万円送金した場合、現地通貨で受取額が一番高くなるのは、どのサービスなのか比較していきましょう!

10万円送金した場合の受取額比較

上記でご紹介した各サービスで、10万円を送金した場合、現地通貨でいくら受け取れるのかを比較していきたいと思います。

【計算式】(10万円-送金手数料)÷適用レート

10万円送金 現地通貨
受取額
EUR USD
三菱東京UFJ銀行 736.8 831.6
三井住友銀行 747.7 843.1
みずほ銀行 726.4 824.1
ゆうちょダイレクト 739.0 840.5
docomo海外送金
キャンペーンコード:
10857713
693.0 861.3
セブン銀行海外送金
(Western Union)
721.7 832.7
PayPal
(レートは参考値)
720.0 818.2
Transfer Wise 773.9 878.3

EURランキング(約10,400円差!)

10万円送金時に、EUR受取額のお得な順にランキングしています。
最高レートの「Transfer Wise」と最低レートの「docomo海外送金」で80.9EURの差。
日本円にすると約10,400円の差額が出ます。(10.4%の差!!
送金額がより高額だったらと思うとゾッとしますね…。

10万円送金 EUR
受取額
Transfer Wise 773.9
三井住友銀行 747.7
ゆうちょダイレクト 739.0
三菱東京UFJ銀行 736.8
みずほ銀行 726.4
セブン銀行海外送金
(Western Union)
721.7
PayPal
(レートは参考値)
720.0
docomo海外送金
キャンペーンコード:
10857713
693.0

Transfer Wiseの圧勝!
都市銀行+ゆうちょ銀行は、ほぼ横並びですね。
昔から、安い!お得!と言われているWestern Unionですが、都市銀行以下という結果に。

「docomo海外送金」は、送金可能国が限られており、EUR圏ではスペインのみに対応しています。
在留邦人の多い、ドイツ・フランス・イタリア・オランダなどは、対象外。
そもそもEURのレートが悪すぎて使わないと思いますが…。

USDランキング(約6,800円差!)

10万円送金時に、USD受取額のお得な順にランキングしています。
最高レートの「Transfer Wise」と最低レートの「PayPal」で60.1USDの差。
日本円にすると約6,800円の差額

10万円送金時 USD
受取額
Transfer Wise 878.3
docomo海外送金
キャンペーンコード:
10857713
861.3
三井住友銀行 843.1
ゆうちょダイレクト 840.5
セブン銀行海外送金
(Western Union)
832.7
三菱東京UFJ銀行 831.6
みずほ銀行 824.1
PayPal
(レートは参考値)
818.2

USDの送金でも、Transfer Wiseが圧勝!
続いて、「docomo海外送金」が2位にランクイン。
「docomo海外送金」は、docomoの契約が必須ですので、他キャリアや格安SIMご利用の方は、使えませんので、ご注意ください!

海外送金時に損しない秘訣まとめ

EURにしろ、USDにしろ、「Transfer Wise」がお得という結果になりました。
アカウント開設もオンラインで完了しますし、送金手続きも銀行振込同様ですので、便利!

都市銀行やゆうちょ銀行よりも、お得に送金できますので、家族が留学や出張・転勤などで海外在住の方には、オススメしたいサービスです。

以前は、何の疑問も持たずにPayPalで国際送金していましたが、いざこうして計算してみると、結構損したなぁ。という感じですね。笑

ちなみに、PayPalの両替レートはかなり悪いので、どうしてもPayPalで国際送金しなければならない場合には、クレジットカードでの両替を使いましょう。

こちらの記事で詳しく解説しています。
参考:PayPal手数料を安くする方法

Sponsored Link

海外送金比較

コメントを残す