「空港手荷物宅配」が超快適だった!クレジットカードによっては往復無料!

手荷物無料宅配

今まで空港宅配サービスを一度も利用したことが無かったのですが、使ってみたら超絶便利でしたので、ご紹介を。
もう重いスーツケースを引いて、電車やバスの乗り換えに苦労する必要なし!

今回、ドイツの嫁さんの実家への帰省に際して利用してみました。
成田発の朝便だったので、結局、前夜から「ANAクラウンプラザホテル」に宿泊。
ハズレ無しで安定の朝食ビュッフェがオススメです。

空港手荷物宅配サービスの料金比較

自宅、空港間のスーツケースの宅配サービスは様々な業者が提供していますので、大手業者の料金を比較してみたいと思います。
インターネット割引がある業者は、割引後の価格を表示しています。

関東地方から成田空港・羽田空港へ

関東地方から、成田空港・羽田空港へ送る際の料金を比較がこちら。

関東地方から
羽田空港
成田空港へ
自宅→空港 空港→自宅 往復料金
QLライナー 2,160円 2,150円 4,110円
JAL ABC 2,580円 2,260円 4,740円
ヤマト運輸 2,678円 2,462円 5,040円

佐川急便も空港宅配を行っていますが、中身はQLライナーとなっています。
また、QLライナーは、羽田空港・成田空港のみのサービスで、関西国際空港やセントレアなどへはサービスを行っていません。

関西地方から関西国際空港へ

関西地方から、関西国際空港へ送る際の料金を比較がこちら。

関西地方から
関西空港へ
自宅→空港 空港→自宅 往復料金
JAL ABC 2,580円 2,480円 4,960円
ヤマト運輸 2,678円 2,678円 5,256円

中部地方から中部国際空港へ

中部地方から、中部国際空港(セントレア)へ送る際の料金を比較がこちら。

関西地方から
関西空港へ
自宅→空港 空港→自宅 往復料金
JAL ABC 2,580円 2,480円 4,960円
ヤマト運輸 2,678円 2,678円 5,256円

空港手荷物宅配の料金まとめ

片道で約2,500円、往復で約5,000円掛かることが分かりました。
ただ、これほどの金額となると、気軽に使えるサービスではないですよね。

しかし、一部のクレジットカードには、これらの空港宅配サービスが無料で使える特典が付帯しています。
そこで、空港宅配サービスの無料特典がつくクレジットカードをまとめていきます。

空港手荷物宅配が無料となるクレジットカード

空港手荷物宅配サービスの無料特典がつくクレジットカードをまとめてみました。
カードにより、「往復無料」と「復路のみ無料」のものがありますので、ご注意ください。

カード 年会費 料金
出国時 帰国時
AMEX 12,000円 往復無料
AMEXビジネス 12,000円
AMEXゴールド 29,000円
AMEXビジネスゴールド 31,000円
ラグジュアリーカード 50,000円
ダイナースプレミアム 130,000円
セゾンブルーAMEX 3,000円 有料 無料
楽天プレミアムカード 10,000円
セゾンゴールドAMEX 10,000円
ダイナース 22,000円
楽天ブラックカード 30,000円

往復無料カードの年会費最安値は「アメリカンエキスプレス」

手荷物宅配往復無料のクレジットカードの中では、「American Express」の券面がグリーンの一般カード(グリーンカード)と法人カードが年会費12,000円で最も安くなっています。
手荷物宅配1往復で5,000円掛かるとご紹介しましたので、年2回利用するだけで、ほぼほぼ年会費の元が取れる計算になります。

グリーンよりもゴールドがオススメな場合も

AMEXは、一般カードでも特典や補償は他カードのゴールドカードクラス同等ですし、利用限度額が券種によって変わらない為、基本的には一般カード(グリーン)でも十分だと思います。
アメックスは一般的なクレジットカードと異なり、その人の利用状況に応じて、利用限度額が毎月変動します。
利用限度額が高いほうが良いから、ゴールドにしておこうという選択は意味がありません。
一般カードで利用限度額700万円の方もいれば、ゴールドカードで、利用限度額100万円の方もいるということです。

ただし、このブログの読者さんであれば、国際結婚をして、海外帰省をすることも多いでしょうから、AMEXの通常カードよりも、AMEXゴールドの方がオススメです。
理由としては、手荷物遅延による宿泊代・食事代・衣服代などを保証してくれる「航空便遅延費用補償」、急な予定変更による航空券・ホテル予約や各種チケットのキャンセル料を補償してくれる「キャンセルプロテクション」の2つが付帯する点です。

当然ですが、海外旅行保険の内容も一般カードよりも充実していますし、レストランで2名以上の利用で1名分が無料となる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」もかなりお得です。誕生日や記念日だけの年2~3回利用するだけでも、年会費の元は十分に取れる計算になります!

筆者は、メインカードがANA VISAプラチナプレミアムカードですが、サブカードとしてAMEXゴールドを所有しています。

ちなみに、陸マイラーに人気のANA VISAカードですが、ゴールドでもプラチナでも手荷物宅配は無料にならず、優待価格(片道500円)での利用となります。
また、ANA VISA一般カードでは、空港宅配の特典は一切つきません。

AMEXの空港手荷物宅配無料サービスを利用してみた。

筆者は、通称AMEXことアメリカンエキスプレスのプロパーカードを持っています。

このAMEXでは特典の一つに、手荷物の空港宅配サービスが無料で利用できます。
スーツケースを自宅に集荷しに来てくれ、出国日も帰国日も、手ぶらで空港-自宅間を移動できます。

【出発時】AMEX手荷物無料宅配の申し込み手順と流れ

AMEXの手荷物無料宅配サービスの申し込みから利用の流れをご紹介していきます。

1. 手荷物無料宅配サービスの申し込み
AMEXの公式サイトの「手荷物無料宅配サービス(提供:JAL ABC)」のページから、申込みを進めます。
集荷希望日時と希望業者を選択して、申込みを進めましょう。
「クロネコヤマト」「福山通運」の2社から選択できます。
(運送業者は、お住まいのエリアにより異なります。)

クロネコヤマトの配送伝票の価格欄を見ると、2,680円と記載されていました。
無料サービスですので、当然支払いは発生しません!

2. 自宅へ集荷
申し込み時に入力した集荷希望日時に、宅配業者が集荷に来ますので、それまでに荷造りを終えておきましょう!
出発日前日の集荷は出来ず、空港での荷物受取日の2日前~14日前の間で好きな日時を指定できます。

3. 空港で受取り
あとは、空港で荷物を受け取るのみ!
空港での荷物受け取り日も指定可能で、出国日の受取はもちろん、出国日以前の受取り指定も可能です。

「手荷物無料宅配サービス」の対象空港

全国の空港での宅配に対応しているわけではなく、主要4空港のみ対応となっています。

対応空港:成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港

ただし、韓国・台湾・中国等の近距離路線を除き、大半の国際線が上記4空港に集約されていますので、無料宅配サービスは、海外旅行時の強い味方になると思います。

海外旅行も国内旅行も対応?

AMEXの「手荷物無料宅配サービス」は、海外旅行時のみ対応となっており、国内旅行時には無料となりませんので、ご注意ください。
手荷物宅配サービスが無料付帯するクレジットカードはAMEX以外にもありますが、国内線利用時に手荷物宅配サービスが無料となるカードは無いはずです。

【帰国時】AMEX手荷物無料宅配の申し込み手順と流れ

帰国時の手荷物無料宅配は、事前申し込みの必要はありません。

1. 空港のJAL ABCカウンターで申し込み
(中部国際空港は「宅配手荷物カウンター」にて)

AMEXカードを提示することで、宅配料金が無料となります。

2. スーツケースを自宅で受け取る
最短翌日に、スーツケースが自宅に到着します。
めちゃめちゃ便利!

Sponsored Link

手荷物無料宅配

コメントを残す