【VPN比較】海外から閲覧できない日本のサイトにアクセスする方法

アベマTV VPNで海外から視聴

日本の一部サイトでは、海外からのアクセスを禁止していたり、Amazonプライムビデオなどに関しても、海外現地からの視聴可能なコンテンツのみの閲覧に制限されてしまいます。

そこで、海外留学・海外赴任・海外移住の際に必須となるのが、「VPN」というサービス。

VPNとは?

「VPN」とは、「Virtual Private Network」の略でインターネット接続の際に、仮想の専用回線を利用してインターネットに接続するようなイメージで、元々はセキュリティを高める際に活用されてきました。

一般的な利用シーンで言うと、「公衆無線LANは、第三者にデータが読み取られて危険」というのはご存知の方も多いかと思いますが、VPNを使えば公衆無線LANでも安心して利用することができます。

セキュリティを高める・アクセス元の秘匿性を高めることができるという物です。
VPNを使ってインターネット接続している間は、自身のIPアドレスが漏洩しない為、IPアドレスから身元を特定される心配もありません。

アクセス元のエリアを変更できる

VPNは、サービス提供元が各国にサーバーを設置しており、そのサーバーのIPが自身のIPとしてアクセス先サイトに送信される為、日本にサーバーのあるVPNを利用すれば、海外にいても、日本からのアクセスとして判定されます。

そのため、海外からのアクセスを禁止しているようなサイト・サービスであっても、VPNを利用すれば、海外からも利用可能となる訳です。

そもそも普通に使っておいて損はない

VPNが利用される多くのシーンは、「海外からのアクセスを禁止している日本のサイトにアクセスしたい」であったり、その逆「日本からのアクセスを禁止している海外のサイトにアクセスしたい」というシーンで利用される事が大半です。

冒頭でも解説した通り、ネットセキュリティを高めるという意味では、すごく有用なサービスですので、普通に使っておいて損はありません。

値段も高くないので、セキュリティを高めるという意味でも、本当にオススメです。
特に、海外でフリーWi-Fiを使う機会があるなら、VPNは絶対にオススメです。

普通に危険なので。

VPNの選び方

VPNの選び方としては、下記項目が選定のポイントになります。

  • 【重要】サーバー設置国
  • 【重要】実際にアクセス制限を回避できるか
  • 料金
  • 速度
  • 匿名性

サーバー設置国

サーバー設置国は、VPN選定においての最重要ポイントです。

例えば、海外在住で、「海外からのアクセスを禁止している日本のサイトにアクセスしたい」という場合には、そのVPNサービスが日本にサーバーを置いているというのが絶対条件

逆に、日本在住で、「日本からのアクセスを禁止している、アメリカのサイトにアクセスしたい」という場合には、そのVPNサービスがアメリカにサーバーを置いているというのが絶対条件

となります。

筆者の場合は、ドイツに住んでおり、日本のサイトにアクセスしたいので、日本にサーバーを置いているVPNサービスが必須です。

アクセス制限回避の可否

最近では、VPN経由でのアクセスを判定するサイトも出てきており、実際にそのVPNサービスでアクセスを回避できるかどうかも重要なポイントとなります。

具体例を挙げると、「Amazonプライムビデオ」に関しては、VPNからのアクセスを拒否しています。
そのため、多くのVPNでは、「Amazonプライムビデオ」で弾かれてしまいます。

アマプラユーザーさんは、当記事下部「アクセス制限回避の比較」を必ずご参照ください。

料金

言わずもがな、同等品質のサービスであれば、安いに越したことはない!

筆者自身、VPNに高額な費用は費やしたくないので、口コミでの評価が良い人気のVPNの中でも安い3社を実際に契約して使っています。

Express VPNは日本での知名度も高く、評判も上々ですが、今回ご紹介している3社の2倍~3倍の金額なので、私は契約していません。
2年契約時 199.9USD → 約26,000円なので、ちょっと高すぎます。

今回ご紹介しているのは、2年契約で7,000円~11,000円程度。
月額換算で500円を切る価格帯のVPNしか契約していません。

後ほど、料金比較も行っていますので、そちらで詳細をご確認ください。

速度

VPNでは、その提供者が設置しているサーバー設備によって、速度に違いがあります。

VPNは、VPNサーバーを経由してサイトにアクセス形になるので、VPNなしでの直接接続と比較すれば速度は必然的に落ちます。

速度の落ち具合もサービスによって違うので、VPN経由での速度比較も後ほどご紹介していきます。

匿名性

匿名性・セキュリティの高さを求めるのであれば、「ノーログポリシー」を謳っているVPNサービスがオススメです。

「ノーログポリシー」=「アクセス履歴・アクセス元IPアドレスなどの情報を保存しない」ということですので、公的機関が発信者情報開示請求を行っても、IPアドレスの開示もできないし、IPアドレスからの特定もできない。ということになります。

ノーログポリシーの詳細な基準は各社で若干異なりますが、概ね「利用者(あなた)を特定できる情報を残しません。」という認識で大丈夫です。

実際に利用している3社を比較

実際に筆者が契約している人気のVPN3社を項目別に比較してみました。
今回比較するのは、口コミでの評価も高く、価格が安い3社です。

結論から言うと、筆者がVPNを使ってきた中では、実用性No.1は「Nord VPN
速度の快適さNo.1は「Cyber Ghost VPN
一番安いけど、あまりオススメしないのは「Pure VPN

PureVPNは安い代わりにアクセス制限を回避できるサイトが少ないかつ速度が遅いです。
スピードテストの結果は全然悪くないのですが、体感的に明らかに遅く感じます。

また、ノーログポリシーを謳いながらも、過去にアメリカFBIにデータを提供したこともあり、「それってノーログポリシーに反するのでは?」と思うところもあります。
(匿名性を重視する方であれば、除外ですね。)

それでは、詳細に比較レビューしていきましょう。

VPN比較

筆者が利用しているVPN3社の比較表がこちら。
Pure VPNは契約したものの、実用性の低さからほとんど使っていません。

※料金は調査日時点の金額となります。
※最新価格は、下記、公式サイトへのリンクよりご確認ください。

VPN比較表 Nord VPN Cyber Ghost Pure VPN
料金(2年) 11,040円 10,800円 約7,000円
(53.95USD)
対応国数 59 91 78
匿名性
速度
オススメ度 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆

速度比較表

Speedtest.netを利用して、ドイツから、日本のサーバーでの速度を比較してみました。
ドイツでの契約回線は、ドイツで一般的なADSL回線の50Mbps契約。
(光回線が当たり前の日本人からすると、時代遅れ感を感じてしまいます。)

速度比較表 VPNなし Nord VPN Cyber Ghost Pure VPN
下り 52.5Mbps 52.6Mbps 50.4Mbps 50.9Mbps
上り 3.98Mbps 2.91Mbps 4.90Mbps 5.03Mbps
Ping 下り 1,227ms 897ms 1,529ms 1,391ms
Ping 上り 477ms 462ms 438ms 431ms
VPN速度比較

速度比較の結果としては、Nord VPNが下り速度・Pingが優秀。
Cyber Ghost VPNとPure VPNがほぼ同等となりました。

Pure VPNに関しては、実際に使っていると、体感的に遅い気がするのはなぜなのか…。

アクセス制限回避の比較

海外からのアクセスを制限しているサイトに、VPN経由でドイツからアクセスし、アクセス制限を回避出来るかどうかを比較しました。

他に試してほしいサイトがありましたら、コメント欄にてご連絡ください!
下記VPN3社はどれも長期契約してしまっているので、2023年中までは試せます。
(長期契約のお得感がすごく強いので、無駄に長期契約してしまうという。後悔はしていません。笑)

アクセス可否 Nord VPN Cyber Ghost Pure VPN
Yahoo! Japan
Abema TV
Amazon Prime Video

2022年4月より、ヨーロッパ経済圏からのアクセスを拒否しているYahoo! Japanは、すべてのVPNでアクセス可能。
ヤフオクやYahooショッピングも利用可能です。

Abema TVは、Nord VPNとCyber Ghost VPNのみ。
Amazonプライムビデオは、Nord VPNのみ。
という結果になりました。

Abema TV

Abema TVでは、Nord VPNとCyber Ghost VPNのみが国外アクセス制限を回避できました。
Pure VPNではアクセス不可です。

Abema TVユーザーであれば、Pure VPNは除外しましょう!

VPNでAbema TVへのアクセス比較

Amazonプライムビデオ

まず、Amazonプライムビデオは、VPNなしでも海外から利用可能です。
ただし、Amazonプライムビデオ上には、「日本でのみ」の視聴制限が掛けられたコンテンツが多数ある為、VPNなしの場合「海外でも視聴可能なコンテンツ」のみが視聴可能となっています。

そこでVPNを利用すると、「日本でのみ視聴可能なコンテンツ」も利用可能となります。
この制限を回避できたのが唯一、「Nord VPN」

2022年8月時点の人気ランキング1位の作品「キングダム」も日本でのみ視聴可能となっています。
キングダムの作品ページを開いた結果がこちら。

VPNでアマプラビデオへのアクセス比較

Cyber Ghost VPNとPure VPNでは、下記エラーメッセージが表示されてしまい、視聴不可でした。

「お使いのデバイスは、VPNまたはプロキシサービスを使用してインターネットに接続されています。VPNまたはプロキシサービスを無効にしてもう一度お試しください。ヘルプの詳細は、amazon.co.jp/vpnをご覧ください。」

【まとめ】実際のところ、どれがオススメなの?

筆者がこれほどまでに、VPNを契約してしまった流れとしては、最初に「Nord VPN」を契約し、比較的満足していました。

ネットでVPNの口コミを見ていると、「Express VPNの速度が速い」と言う口コミが多く、早速1ヶ月契約するも「Nord VPN」の速度と全く変わらなかったので、即解約。(価格が圧倒的に高い為)

続いて、「Cyber Ghost VPNも速いらしい」という噂を聞きつけて契約。
スピードテストの値は、「Nord VPN」と大差ないものの、体感的なサクサク感が若干上な気がしており、どちらにするか悩み中。

最後に、圧倒的に安い「Pure VPN」が他2社と変わらない速度感だったら、アリかなと思いましたが、実際の使用感は、なんだか遅いので、契約更新はなし。

「Cyber Ghost VPN」は速度・レスポンス的には文句なしなのですが、Google検索時などに、「ロボットではない証明をしてください」的な画像認証が発生しがちなのが鬱陶しいポイントです。

Nord VPNでは上記の事象はほとんど起きません。

ということで、筆者が契約更新するのは、「Nord VPN」です。

【2月2日】キャンペーン情報

今回、比較した3社ともに、キャンペーンを開催中です。
各社公式サイトより、割引詳細をご確認ください。

Nord VPN

https://nordvpn.com/ja/

上記ページから、「プランを選ぶ」ボタンを押すとキャンペーン価格が確認できます。

Nord VPNでは「コンプリートプラン」プラスプラン」「スタンダードプラン」とありますが、VPN目的なら、一番安い「スタンダードプラン」でOKです。
その他の高いプランを選ぶ必要は一切ありません。

総合力では一番優秀なVPNだと思っています。
各VPNの更新日が来たら、以降、Nord VPN一本に絞る予定。

Cyber Ghost VPN

https://www.cyberghostvpn.com/ja_JP/offer/best

上記キャンペーンページから、「Cyber Ghost VPNを入手」ボタンを押すとキャンペーン価格が確認できます。

Nord VPNやPure VPNでは、2年プランが最長プランですが、Cyber Ghost VPNでは3年プランも用意されており、長期利用するならかなりお得です。

Pure VPN

https://www.purevpn.com/

Pure VPNではデフォルトの言語が英語になっていますが、右上の「English」というところをクリックし、「日本語」を選択すると、日本語サイトが表示されます。

とにかく安いのがPure VPNの魅力です。
速度が改善されて、アクセス制限を突破できるサイトが増えたら文句なし。
今のところは、オススメはしていません。

アベマTV VPNで海外から視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA